アーモンドはニキビの原因?

間違った知識
アーモンドとニキビ

ニキビの都市伝説は色々あります

ピーナッツに続いてアーモンドもニキビの原因と呼ばれる事があります。

アーモンドはニキビの原因となるか?

アーモンドチョコとニキビ

都市伝説ニキビ最強コンボとして

「アーモンドチョコレート」という幻のニキビ製造食品もあります。

ちなみに

チョコレートはニキビに全く関係ない

事を他の記事で紹介させて頂いているので

このアーモンドチョコレートのコンボは成立せずアーモンド単体が原因という事になりそうです。

さて本当にアーモンドがニキビの原因なのしょうか?

ピーナッツについてもニキビの原因とは考えにくいという事を紹介させて頂きました。

なのでアーモンドがニキビの原因というのも怪しい雰囲気です。

アーモンドの栄養成分を見てみる

アーモンドの成分を見ていきましょう。

アーモンドには様々な体に良い成分が含まれています。

オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸

ピーナッツと同じくオレイン酸・リノール酸が豊富に含まれます

これらの脂肪酸は血液中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあり、血液をサラサラにする効果があります。

ビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富

他にもアンチエイジングで注目されている抗酸化作用を持つビタミンEも沢山ふくまれていますし

脂肪の燃焼効果も期待できるビタミンB2や、食物繊維も豊富です。

食物繊維にはポリフェノール類も含まれており抗酸化作用があります。

ビタミンEにかんしてはナッツの中でも最強クラスです。

きになるカロリー

気になるカロリーは100グラムあたりで換算すればピーナッツよりも高い598キロカロリーですが

アーモンドを30gを皿に入れてみてもかなりの量です。

ちなみに1日の成人男性・女性に必要なビタミンEの量はアーモンド20粒前後で補う事が出来ます。

20粒くらいでは100キロカロリー前後とそれほどカロリーも高くはありません。

食べ過ぎてもニキビの原因にはならないですが、適量を毎日続けるようにしましょう。

アーモンドとニキビは関係無い

このような事からピーナッツがニキビの原因という噂は本当ではないようです。

アーモンドチョコレートもニキビとは関係なく無実という事ですね。

それでもアーモンドでニキビを気にされる方は素焼きでローストされている物を食べましょう。

中にはオイルを使用してローストされているアーモンドも存在します。

オイルが酸化していると体自体に良い影響がありません。

胃や腸の調子が悪くなる事でニキビの原因になります。

ニキビを気にする方はなるべくシンプルに調理されたアーモンドを食べるようにしましょう!

関連記事

コメントを残す