チョコレートの食べすぎはニキビの原因?

間違った知識
アーモンドとニキビ

チョコレートを食べるとニキビができやすくなる。

昔からこのような噂を聞いてきました。

特に学生時代とかはチョコがニキビが出来そうで食べられないと思ってた人も多いのでは?

この情報は本当なのでしょうか?

チョコレートはニキビの原因ではない!

いきなりですが

チョコレートの食べすぎがニキビの原因になるという事はないそうです。

アメリカの政府機関である食品医薬品局があるらしいのですが

その信頼のおける機関での発表で

「特定の食べ物の摂取とにきびとには直接の関係はない。科学的にも説明がつかない」

と公開しているそうです。

ペンシルバニア大学の研究結果でも「チョコレートとにきびの悪化とは無関係である」ことが証明されているそうです。

更には「日本チョコレート・ココア協会」でも、ニキビとチョコレートについては全く関係が無いと明示されています。

チョコレートを食べすぎると鼻血が出るは嘘

ニキビとは関係ありませんがチョコレートを食べすぎると鼻血が出るというのも

医学的にまったく無関係との事です。

チョコレートの成分

チョコレートは皆さんご存じの通りカカオの実が元料となっています。

カカオの実を砕いたものを直接使用しているのでは無く

カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを使用しているそうです

カカオ・ポリフェノール

動脈硬化などを防ぐ
カカオポリフェノールは、動脈にコレステロールがたまる事や、LDL-コレステロールが酸化して動脈硬化になる事を防ぎます

癌(ガン)の予防
がんの発生メカニズムにはまだ不明なところが多いですが、細胞のDNAが突然変異をしガンが発生すると考えられています。
しかし、細胞にカカオ・ポリフェノールを加えたところ、細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられました。

ストレスに打ち勝つ
カカオ・ポリフェノールを摂取する事で物理的なストレスにうまく適応できます。
また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが分かっています。

豊富なミネラル

実はチョコレートにはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類が豊富に含まれている食品なのです。
特にカルシウムとマグネシウムのバランスがよいことで知られています。

チョコの香り成分

チョコレートの香りを嗅ぐ事で集中力や注意力、記憶力を上げることが人の脳波や学習実験から確かめられています。
さらにチョコレートを食べたほうが反射がよくなる実験データもでているようです。

こういった事からチョコレートはニキビに悪いどころか良い効果が沢山ある食品なのです。

関連記事

コメントを残す