ニキビは潰しても大丈夫?治りは早いのか?

間違った知識

ぷくっと白く膨らんだニキビを見ると、ついつい潰したくなる事はありませんか?

「ニキビは放置しておくのが一番」

「早く膿を出すと治りが早い」

「潰すと跡になるから潰しては駄目」

などなど色々な意見が飛び交っています。

そもそもニキビを潰して治すという事は理にかなっているのでしょうか?

病院では絶対に潰さない様にと釘を刺される事が普通のようです。

という事はニキビは基本的には潰してはいけないという認識でいた方が良いようです。

では実際に自分でニキビを潰した場合にどうなるのかを考えてみましょう。

例えば膿が溜まっている状態のニキビという事で関して言えば、そのうち勝手に膿は排出されるので少しの力で膿を出す事ができるのであれば潰しても大丈夫です。

強い力で押し出さなければいけない状態の場合は肌を傷つけてしまう恐れがあるので、もうしばらく放置しましょう。

膿も確認できず、ただ赤くなって炎症をおこしているだけのニキビは絶対に潰してはいけません。

この膿の出ていない状態でニキビを刺激すると、ニキビが跡になってしまったり毛穴の深部での炎症が重症化しクレーターの様になってしまうのです。

指などでニキビをつぶすのは感染症の危険があるのでやめましょう。

消毒した針なども油断は禁物です。

針などは皮膚の中の組織や毛穴周囲の真皮を傷つけて、かえって直りにくいニキビ跡をつくってしまうこともあります。

ですのでやはりニキビをつぶすのはガマンをするのが一番です。

ニキビが治るスピードもそれほど変わらないようです。

関連記事

コメントを残す