オロナインはニキビに効く?

オロナインってありますよね、いろいろなものに効く万能軟膏のオロナインです。
ニキビにも種類があり、効きやすいニキビと効きづらいニキビの種類があります。

オロナインが効きづらいニキビの種類

白ニキビや黒ニキビのような、初期段階のニキビで脂分が毛穴を塞いでしまう事によって出来たニキビには、オロナインを塗ってもは効果があまりないようです。 

効果が無い理由としてはオロナイン等の軟膏を塗る事により、毛穴を更に塞いでしまうことになります。
ですので余計にニキビを増やしてしまう結果になります。
「オロナインが効かない」と言った事や「ニキビが悪化した」「にきびが増えた」という噂があるのはそのためです。

白ニキビや黒ニキビにはオロナインは使わない方がいいと言えるでしょう。

オロナインが効きやすいニキビ

それではどのニキビで効果が出るのでしょうか?
オロナインを塗る事で効果が高いニキビは赤ニキビになります。

赤ニキビは毛穴の中に溜まった皮脂をアクネ菌が栄養として増殖し、炎症を起こしている状態です。
この赤みががっているニキビにはオロナインを塗ることで炎症を抑えられます。
更には他の雑菌の進入を防ぐ効果もあります。

オロナインはニキビ効かないわけではありませんのでニキビの状態や肌質に合わせて有効に使用しましょう。

オロナインの成分

主に消毒薬のグルコン酸クロルヘキシジン液という物で、他にはラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸アルミニウムカリウム(ミョウバン)が添加されています。

  • クロルヘキシジングルコン酸塩液は消毒・殺菌作用を持つ成分で、肌の傷ついた部分の消毒及び殺菌を行います
  • ポリソルベート80はオリーブオイル由来の安全性の高い乳化剤で肌荒れを改善する効果があるそうです
  • 硫酸アルミニウムカリウム(ミョウバン)は食薬効成分としては収斂・殺菌作用があります

関連記事

箇所別の悩みはコチラから

背中ニキビ 口周りニキビ 胸元ニキビ
頬ニキビ 首周りニキビ おでこニキビ
お尻ニキビ 鼻ニキビ その他のニキビ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:間違った知識

このページの先頭へ