ニキビ予防に洗顔を頻繁にした方がいい?

鼻や口の周りには皮脂が多く分泌される傾向があります。
このような部分が皮脂でテカテカ・ベトベトしているのは誰でも嫌な物です。
更には皮脂がニキビの原因という事もわかっているので頻繁に洗顔をするという方もいると思います。
ですが、頻繁に洗顔をするというのは本当に肌に良い事なのでしょうか?

お肌にとっては「清潔な環境」=「ニキビを寄せ付けない」ですので毎日洗顔を忘れずに行う事は大切です。
ですが、何事も過剰にやりすぎる事は危険です。

洗顔のしすぎは、顔の過油分を過剰に落とし、更に保湿力も落ち、お肌を乾燥させ、紫外線から肌を守るバリアの機能を弱めてしまい肌が敏感になりやすくなります。
その上、お肌の乾きを補おうつしようとして、お肌が皮脂をどんどん分泌するので、逆にオイリーな肌になるのでニキビが出来やすくなります。

たくさん洗顔すれば大丈夫なわけではないので用法・用量はしっかりと守って1つのことをケアするのではなく、いろんな方向からのケアが大事です。
例えば洗顔以外にも運動や食事などケアのやり方も1つではないのでバランスよくやりましょう。

過剰な洗顔をする場合は洗顔後の保湿ケアなどもしっかりする事が重要となります。

関連記事

箇所別の悩みはコチラから

背中ニキビ 口周りニキビ 胸元ニキビ
頬ニキビ 首周りニキビ おでこニキビ
お尻ニキビ 鼻ニキビ その他のニキビ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ