ニキビと食事

食事

外からのニキビ予防と内からのニキビ予防

ニキビ予防というとまず第一に洗顔が思い浮かぶ方が多いと思いますが、それはいわゆる「外からのニキビ予防」です。
体内で生成された油脂を毛穴から外に吐き出すときに、出し切れなかった油脂が毛穴に溜まることによってニキビが出来てしまいます。つまり、体内の油脂の生成を抑えれば、自然とニキビも抑えられます。これがいわゆる「内からのニキビ予防」です。
体内の油脂の生成を抑えるには、食事の種類と量を調整するしかありません。

ニキビ予防に良い食事

では、実際にニキビ予防に効果的な食事の具体的な例を挙げていきたいと思います。

まずビタミンB2ビタミンB6ですが、これらは皮膚を健康に保ち、皮脂の分泌を抑える成分が含まれています。
ビタミンB2を含んでいる食物は、緑黄色野菜、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、鶏のモモ肉、牛ヒレ肉、納豆、豆腐などで、ビタミンB6を含んでいる食物はレバー、キャベツ、鮭、秋刀魚、鯛、サツマイモなどです。
緑黄色野菜には肌荒れや老化を予防するベータカロチン(ビタミンA)や一日100gは摂取した方が良いとされているビタミンCも多く含まれていますので、ぜひ食生活に取り入れるようにして下さい。(緑黄色野菜:ブロッコリー、カリフラワー、じゃがいも、さやえんどう、パセリ、おくら、かぼちゃ、春菊、にら、にんじん、キャベツ、ほうれん草、ピーマン、小松菜、しそなど)

また、普段ご家庭で白米を使われている方が多いかと思いますが、玄米には、鉄分、ビタミンB郡、各種ミネラル、そして水溶性と不水溶性の食物繊維がバランスよくふくまれていますので、主食を玄米に変えてみるのも良案です。
玄米は、胃と腸の中で膨張して腸の壁を刺激することで蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にし、老廃物の排出をスムーズにします。
便秘が解消されると腸の中のph(ペーハー)状態が良くなり、ビタミンB郡の合成が活発になり、お肌に良い影響がでます。

肌のリフレッシュに欠かせないのが、コラーゲンヒアルロン酸です。
これらは、肌のハリとみずみずしさを生み出す原動力で、体内でも作られますが、不足しがちですので、食事で補うことはとても大切です。
鶏の手羽先には、このコラーゲンとヒアルロン酸が含まれていますので、おいしく調理して頂いてもいいですし、居酒屋に行ったときに注文してみるのもいいですね。

関連記事

コメントを残す