赤ニキビについて

医学的には「丘疹」の一つに分類されます。
白ニキビの状態が長期間続き毛穴の中でアクネ菌が発生した場合炎症を起こして赤くなります。
黒ニキビの場合は皮脂が酸化し過酸化皮質になると様々な細菌が集まり炎症を起こし赤くなります。この時アクネ菌の発生はありません、それはアクネ菌は酸化した皮脂と相性がわるいからです。
つまり、同じ赤ニキビでも白ニキビのアクネ菌を原因として発生するものと、黒ニキビの古い角質と過酸化皮質に集まった菌を原因として発生するものと2種類あるということになります。もちろんニキビはまだ研究段階ですべてが科学で解明されているわけではありませんので今後の研究によっては常識が変化する場合があります。
思春期のニキビがすぐに赤ニキビになってしまうのはアクネ菌が原因のことが多いです。ホルモンバランスの崩れから大量の皮脂が発生するのが原因の可能性が高いのでアクネ菌が活発になります。
社会人のニキビは、ストレッサーからくるホルモンバランスの崩れの場合と、年齢を重ねたためにターンオーバーがうまくされず角質が肌に残るなど黒ニキビからの赤ニキビもあります。
赤ニキビも白ニキビと同様に溜まってしまった皮脂を体外に出したほうが良いとされています。しかし、最近の膿などが溜まっている可能性が高くしっかりとした消毒を必要とします。市販薬では穴を開けずに硫黄などをつかって赤ニキビ内の皮脂を吸い取る技術もあります。

関連記事

箇所別の悩みはコチラから

背中ニキビ 口周りニキビ 胸元ニキビ
頬ニキビ 首周りニキビ おでこニキビ
お尻ニキビ 鼻ニキビ その他のニキビ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:種類

このページの先頭へ