10代のニキビの原因と対策

年代別

10代のにきび原因と対策についてです。

10代の肌の一番の問題は「皮脂量が多い」という事です。
10代の皮脂量が多い肌では、毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まってニキビや吹き出物の原因になります。
ですので10代のにきびの一番の対策は丁寧な洗顔となります。

一般的な思春期に出始めるニキビのメカニズムとしては、第二次性徴によるホルモンバランスの変化が主な原因です。
第二次性徴が始まると、脳内の視床下部から分泌される性腺刺激ホルモンが男子の場合は精巣に、女子の場合は卵巣に作用します。
そして、それぞれ男性ホルモン、女性ホルモンの分泌を促して皮脂量を増やすのです。

男の子の場合

男性ホルモンの中でもアンドロゲンに代表される男性ホルモンは皮脂の分泌に密接に関わっており、このホルモンが分泌されると皮脂の分泌量も増加します。
ここで皮脂の量が増えると皮膚の深層部に潜むアクネ菌が毛穴に詰まった皮脂をエサにして増殖し、さらに毛穴を詰まりやすくしたり、化膿などの炎症を起こしたりなど悪影響を及ぼします。

女の子の場合

女性の場合は、生理前にニキビができる・悪化するという方が多いです。
この現象は生理によってホルモンのバランスが変わり、アンドロゲンの分泌が盛んになるからと言われています。
整理意外にも夜遅くまで起きて不規則な生活パターンを送っていたり、偏食する事でもホルモンバランスを崩します。
こういったホルモンのバランスの変化はニキビの発生に大きく影響しているのです。

洗顔で一時的に失った水分や皮脂膜等も回復する力が高いので、洗顔後のケアなどには、あまり神経質にならなくて大丈夫です。

関連記事

コメントを残す