20代~30代、40代以降のニキビの原因と対策

年代別

20代~30代のにきび対策

20代~30代のお肌の状況は10代の頃と同じように皮脂の量が多い事には変わりありませんので、10代と同じように毛穴に皮脂がたまることでニキビができます。

ですが10代の頃の肌と決定的に違うポイントがあります。

それはお肌の「水分量」です。
皮脂の分泌量については10代と同じか、それより多いぐらいですが、20代~30代はお肌の保水力が落ちていますので、その辺りも考慮しなければいけません。

よって10代の時の様に皮脂を洗い流す為だけの洗顔だけでは、ニキビは治っても肌の乾燥や肌荒れ等の問題に繋がり大変な事になってしまう場合もあります。

このような事から20代・30代のニキビ対策は
洗顔は適度に行い、更にお肌に十分なうるおいを補給してあげる事がポイントになります。

洗顔の回数については朝晩2回の洗顔で問題無いと言われています。
過剰に皮脂が分泌されている場合には洗顔は必要ではありますが
洗顔のしすぎはお肌の水分量を減らす事にもなりますので注意が必要です。

40代以降のにきび対策

40代のお肌は20代~30代の状況とは、また違ってきます。
ニキビの原因の「ある物」が40代を過ぎますと減少しはじめます。

そう「皮脂量」が少なくなるのです!

皮脂の分泌が減りますので、お肌のギトギト感が無くなり慢性的なニキビや吹き出物といった事に悩む事は少なくなります。
ですが、油分の多い食事をついつい食べすぎてしまったり、毎日の食生活の乱れていたり、仕事や環境の変化のストレスなどで、一時的に皮脂の分泌が増えてしまい突然ニキビや吹き出物ができてしまう場合が多くみられます。

40代以降のニキビケアは、単に皮脂などを落とすケアと適度な保湿をするだけでなく、生活習慣やストレスなどにも気をつける事が必要となってくる場合が多いです。

関連記事

コメントを残す